確定申告はダブルワーク(Wワーク)分につき
確定申告が必要?

確定申告が必要?


確定申告はダブルワーク(Wワーク)分につき基本的には必要です。
具体的には本業とは別に年間20万円を超える給与の支払いを受けている場合は確定申告をしなければ
なりません。さらに確定申告をすると翌年の住民税が課せらますので注意が必要です。この住民税から会社へダブルワーク(Wワーク)していることがバレてしまいます。

また、ダブルワーク(Wワーク)を会社へ内緒にしたいときは、確定申告の際に申告書(第二表の右側の真中下付近にあり)に、「住民税・事業税に関する事項」という欄で、住民税の特別徴収と普通徴収を選ぶ小さなチェック欄がありますので、必ず「自分で納付(普通徴収)」にしてください。
自分で納付にすることで、本業の会社へダブルワーク(Wワーク)分の住民税の請求が行かなくなります。
副業、ダブルワーク(Wワーク)が禁止の会社でこっそりダブルワーク(Wワーク)なさっている場合は、特に注意が必要です。


ダブルワーク(Wワーク)へもどる




Copyright (C) 2008
お勤めネット
All Rights Reserved.